2012年10月08日

人生初!!メガネ作り

久しぶりのHideです。
今回、福井県鯖江市(さばえ)に
行って来ました。 新幹線
鯖江と言えばメガネ生産高日本一!! 眼鏡 の場所。

メガネフレームの掛け心地にこだわった素材選びや
加工技術は、長年たずさわってきた鯖江だからこそ出来る技術・生産環境です。
        ~『Made in Japan』~ に
こだわる人達に触れ、セイビドーも鯖江の技術・伝統を反映した
『Made in JAPAN』をもっと皆さんに伝えて行きたいと思います。
次回は、『Made in JAPAN』のすぐれフレームご紹介します。

鯖江のメガネ情熱に感動し、メガネ作りに初挑戦してきました わーい(嬉しい顔)
場所は鯖江駅から徒歩10分位の『めがね会館』ですバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


WmUcBC11qnqQHBT_1349674482[1].jpg

     こんなに大きい建物だったなんて・・。
     めがねに対する情熱が建物から伝わって来ます。
     会館一階の工房でめがねを作ります。

kako-5WaYQhRUIT8mQZDi[1].jpg
        匠の匂いがただよいます・・

めがね作りの最初は好きな生地の色選び
これがまた、数百種類あって選ぶのに大変 がく〜(落胆した顔)

kako-JdrwiLOv4WOfWEiw[1].jpg

やっと自分好みと出会えたら
いよいよスタート!!

 匠の一歩=めがね作りの道具
あらかじめ用意されたフレームの型を選びそれをセル(めがねフレームの生地)に貼ります。
セル生地にフレームの型を貼ったら、イトノコで型より少し大きめに地道に切って行きます。
力の入れ加減で『パキッ』と折れてしまう事もあるそうです。
 ~ここは慎重に行こう~
その後はヤスリとの長期戦です。
写真の板のくぼみにイトノコでカットしたフレームを置き
ヤスリで型のふちまで削り、荒目をなくして行きます。

kako-HWo9DLrCP4M7DX8Y[1].jpg

何とか無事に作ることが出来ました。
この後は専用の機械でレンズを入れるミゾを掘り
鼻パットを付けます。

最後はフレームのテンプルを選びます。
これも種類多い中から選ぶので迷います。

kako-vA2A3iwKs7CbZMEl[1].jpg

テンプル付けは素人の私ではなく匠がしてくれるそうで一安心。

そんなこんなであっという間の工作時間が3時間近く経ち
子供心に帰れて楽しかったです。

完成まで1ヶ月くらいかかるそうで・・
仕上がりが送られてくるのを楽しみに待つ今日この頃。



posted by セイビドー at 16:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。